薬剤師情報局

医療関係の仕事は、分業化が進んでいるので細かく分類するようになってきています。中でも比較的古くからある医療関係の仕事として薬剤師という仕事があります。
薬剤師とは、薬学のスペシャリストのことを指します。ですから医薬品を薬局などで販売することもできますし、医者の指示のもとで医薬を調合することもできる人たちのことを指します。

薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験に合格をしないといけません。独占業務といって、薬剤師の資格を持たずに薬剤師の仕事を行った場合には、罪に問われる可能性がありますから注意しましょう。
薬剤師の国家試験を受験するためには、一定の条件をクリアしていないといけません。薬学における正規の課程を修了していることが条件として挙げられます。また海外で約学の勉強をしてきた者でも、厚生労働大臣が日本の家庭と同等の教育を受けてきたと判断をすれば受験資格が与えられます。

ドラッグストアなどを見ていてもお分かりいただけるとは思いますが、普通に医薬品を販売するだけであれば、別に免許を持っていなくても販売することはできます。アルバイトの人がドラッグストアで働いている光景を目撃された方もいるでしょう。
しかし異なる薬剤を調合するということは、薬剤師の資格を持った人でないといけないと規定されています。さらに超剤をするときには、決められた場所で薬剤をきちんと記入をして、調剤ろくに記録をして保管するなどの厳しい条件が付いてきます。

このように薬剤師は薬に関しての最終的な責任者として、重要な業務をしているわけです。当サイトでは、実際に薬剤師になるためについてや業務内容といった薬剤師について詳しく見ていきたいと思います。